#経営

農家ハックは深津貴之(@fladdict)さんのように

今後どんな立ち振舞い方で活動していくのかよく訊かれますが、頭のなかでは、UI/UXの専門家である深津貴之さん(@fladdict)さんのことをイメージしています。

(農家の経営支援をしています。美味しいものを作っている生産者さんの苦手な、経営や販売を小技でアップデートしています。転じて、農業経営ノウハウのオープン化を言い出しています。)

深津さんについて

深津さんはUI/UXの専門家です。UI/UXとは、雑にいうとアプリやウェブサイトの使いやすさのことです。色んなサービスに関わられている中で、noteというウェブマガジン/ブログサービスの案件に関して書きます。

続きを読む

2月28日、僕が農家になった日

2月28日、阿部梨園で働いて以来最大のセンセーショナルな事が起こりました。AMは農林水産省の「働き方改革委員会」。PMは某農業サービス事業者さんのヒアリング。どちらも個人農家者側に近い立場で意見させていただいて、丁寧に傾聴していただきました。

そこで丁寧に耳を傾けてもらったからこそ、「なんで外の人たちは(個人)生産者の気持ちを腹で理解してくれないんだろう〜」「安全圏の方々に生産者のリアルな決死感をどうやって伝えたらいいんだー!」という強い感情が残りました。初めてのことです。

これはつまり、僕がとうとう、「内」の人になっていたのではないかと思うんですよ。心のなかでは完全に「なんで外の人たちは”オレたち”の気持ちを〜(号泣鼻水)」と一人称になっていたんです。

つまり、生産現場から一歩引いた客観的な立場で農家に関わってきた僕が、農家で働きながら農家になれなかった僕が、3年を費やしてようやく、気持ちだけでも農家になれた瞬間だと思うのです。ようやく、彼我の川を渡れた感じがします。そう気づいたとき、鳥肌が立つ感覚がありました。

続きを読む

農家ブランディングにおける「個性尊重されすぎ問題」

既製品の農産品パッケージは昭和的で死ぬほどダサいです。打破するために農家も個性的なパッケージを作ろうとします。でも、既製品の問題は個性の有無ではなくて、トンマナが現代に合ってないからです。結論だけ先にいうと、トンマナ>>>>個性なので、二兎を追わずに、まずはトンマナに集中するほうが安価でいいよっていう話です。ファッションの、まずは体型に合わせて清潔感を、、と同じです^q^

続きを読む

新年明けましておめでとうございます

昨年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。2017年は阿部梨園でクラウドファンディング(CF)を実施し、急に世に出た1年となりました。ご支援いただいた皆様一人ひとりのおかげです。ありがとうございました。まずは「農業経営のオープン化」という立てた旗でご期待に応えられるよう集中します。

色々な可能性があり心底ワクワクしていますが、新年の所信としては以下の2点です。

続きを読む

10月からサービス再開しています

8-9月は梨の繁忙期だったため休業していましたが、今月から営業再開しています。詳しくはサービス紹介ページをご覧ください。相変わらず、ゆるいスケジュール感であまり詰め込みませんので、早めにお声かけください。コンスタントに依頼をいただいています。

2017年上期の振り返り

まぁなんにせよ好きな仕事です!

頭を使うのが好き、人と話すのが好き、な私にとっては願ってもないほど楽しく、フィットしています。

  • お節介な性分を活かせる
  • 適度な頭の体操になる
  • いい出会いがある
  • 自分の勉強、鍛錬にもなる

小さい需要が散らばっている

近所にも遠方にも、阿部梨園と同じようなことで悩んでいる農家/事業主がたくさんいることを実感しました(私に依頼してくださる方はその中のほんの一部でしょうが)。真剣な方、行動力のある方は県外からでも遠路はるばるお越しになります。こちらも襟を正す思いです。

以前も知り合いベースで依頼を受けていましたが、サービス内容をウェブにまとめたおかげで少し認知されるようになりました。やっぱり、情報は埋めておかずに日の目を見せたほうがよいです。

続きを読む

【転載】僕が考える個人農家の活路

この記事は、2016年11月7日に旧サイトで書いた記事を転載しました。


個人農家は生き残れるのか

これからの農業というと、IT化、機械化、大規模化、法人化、、、のように、合理化による生産性向上が話題の大半になる。個人農家も新しい技術で担い手不足を乗り越えたり、生産法人化してスケールを出すのが望ましいとも言われる。それはアメリカの農業に寄せていくイメージだと思う。個人っぽくないし、個人である必然性もない。そうなると、個人が小規模にやっている日本の農家は淘汰されてしまうのだろうか。一次産業人口が減少し続けているとおり、淘汰は既にずっと昔から起きている。それが市場主義経済の望んだ合理だから仕方がないし、誰のせいでもない。

僕は自分が合理主義者だと自覚しつつも、感情の部分では、日本の個人農家になんとか生き延びてほしいと思っている。農村の田園風景に、農家のおっちゃんやおばちゃんに居続けてほしい。農家が作ったおいしい農産物を食べ続けたい。日本の文化として次の世代に伝えたいと切実に思う。それも「保護」によって無理やり保存されるのではなく、「自立」によって生存し続けてほしいと思っている。

続きを読む